ソールテック

お問い合わせ03-6226-4074

blogBlog

  • オリジナルギフト作成
  • POST SCRIPT PDF
  • PDF編集ライブラリ

blogPostScript→PDF変換

PostScriptをPDFへ変換

PostScriptをPDFへ変換

サーバ上などでPostScriptファイルのPDFファイルへの変換を実現するソフトウェアです。

特徴

純正のPDF変換ソフトからの乗り換え実績が豊富

“企業資産”の活用

現在ご利用中のCIDフォントなど、企業・業界に特化した資産への対応が可能。

“実績”

現在ご利用中のCIDフォントなど、企業・業界に特化した資産への対応が可能。

“迅速”サポート

基本的に24時間以内の一次回答。

“カスタマイズ”対応

お客様事情にフィットした機能実装が可能。

動作環境

  • Microsoft Windows XP/Vista/7/8
  • Microsoft Windows Server 2003/2008/2012
  • ※日本語版
  • ※サービスパック等は最新版
  • ※32bit版と64bit(x64)版は別パッケージとなります
  • ※推奨メモリ:512MB
  • Red Hat Enterprise Linux 5/6/7
  • AIX
  • Solaris 8/9/10
  • ※上記以外のディストリビューションはお問合わせください
  • ※32bit版と64bit(x64)版は別パッケージとなります

価格

Windows版

[PSToPDF] ¥1,400,000/サーバ

[PSToPDF(新聞向けパッケージ)] ¥1,600,000/サーバ

提供形態

実行形式又は共有ライブラリ

※共有ライブラリをご利用の場合以下のインターフェースの何れかをご利用いただけます

.NET

VB.NET、C#、ASP.NET、をご利用の場合

Microsoft .NET Framework 3.0以降

※Windows版のみ

Java

JNI 使用

Java2SE 1.4以降

機能詳細

入力PostScriptファイル

PostScriptレベル

Level 1 / 2 / 3

エンコーディング

ASCII/バイナリ

ドキュメント構造

ADSC準拠

※コードインジェクション可能

出力PDFファイル

バージョン

1.3/1.4/1.5/1.6/1.7

変換機能

テキスト

– カラースペース

DeviceGray/DeviceRGB/DeviceCMYK/ICCBased/Separation

※ICCBased/Separationは代替カラースペースを使用

– フォント

Type1/TrueType/Type0CID/Type2CID

– 埋込フォント

TrueType/Type0CID/Type2CID

– エンコーディング

任意

パス

– 描画

直線/曲線

– 形式

線/塗り/クリッピング

– カラースペース

DeviceGray/DeviceRGB/DeviceCMYK/ICCBased/Separation

※ICCBased/Separationは代替カラースペースを使用

イメージ

– 解像度

任意

– ビット数

1/2/4/8

– カラースペース

DeviceGray/DeviceRGB/DeviceCMYK/ICCBased/Separation

※ICCBased/Separationは代替カラースペースを使用

– フィルタ

ASCIIHexEncode/ASCII85Encode/FlateEncode/RunLengthEncode
/CCITTFaxEncode/DCTEncode

フォーム

– 形式

Type1

パターン

– 形式

Type2

シェーディング

– 形式

Type2

ファンクション

– 形式

Type0 / Type3

ログ出力方法

ファイル出力

オプション

[新聞社向け機能]

– CIDフォント埋め込み

– 画像入力(JPEG/TIFF/PNG)

[バージョンアップ情報]

– ホットフォルダ機能(フォルダ監視)

– Joboption(ジョブオプション)関連機能

– セキュリティ設定機能

etc…