ソールテック

お問い合わせ03-6226-4074

blogBlog

  • オリジナルギフト作成
  • POST SCRIPT PDF
  • PDF編集ライブラリ
2016.07.26
日々の業務

古いけれど必要な技術(組版やPostScript)

print

今回のテーマは古いけれど必要な技術について触れたいと思います。

これまで、
・昔より今は少ないもの
・過去にあった良いもの
など取り上げてきましたが、昔と変わらず必要なもの(技術)に関する記事です。

なぜこんなことを言うかというと、
弊社の業務と非常に密接に関わるからです。

 

弊社はPDFやPostScript(PS)、組版のエンジンを所有しています。

PDFは電子文書として世の中に普及しているので

企業さまや官公庁の文書管理システムなどで弊社技術を利用いただいています。

 

組版については、

画像や文字を自動で適切にレイアウトする事が可能なので

オリジナルのハンコ、スタンプ、Tシャツや湯呑など

オリジナル商材の作成にご利用いただいています。

 

最後にPostScriptについて、

PSはページ記述言語といい、プリンタで印刷するための言語です

正確にはファイルではなくあくまでも印刷するためにプリンタが解釈する目的で産まれたものなんです。

PSは言語なのでユーザがファイルとして確認し易くするためにPDFが産まれたと言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

前置き長いですね。

何が言いたいかと言うとそんな古い技術なのでPSを扱える会社が非常にレアなんです。

 

そもそも古い技術だから現在に適してリプレースされているケースもあります。

しかしながら、企業さまにおいて古くから存在する基幹システムや業務に密接に関わる事も多かったりします。

 

要するに基幹業務だから簡単にはリプレース出来ず

そのまま今に至っているという事です。

 

とはいえOSなどシステム環境は新しくなり、

年を追うごとに何かしら手を加える必要はあります。

PS関しては殊更極力手を加えない場合が多いようです。

 

そんな企業さまに「古いけど必要な技術」を扱える弊社を知っていただきたいと思っています。